Wild Tokyo

2019.03.07

[恩方] salikhlah. ハンドメイドの革ものとアクセサリー

TEXT BY 高木 誠

東京マウンテンフェス内、恩方マルシェブースに出店するsalikhlah.さんです。

東京の西の端っこ 八王子の陣馬山の麓にアトリエを構え、革ものとアクセサリーを作っています。

< 革もの >
身近にある風景や植物を模様にして、革に刺繍を施し
二本の針を使い全て手縫いで制作しています。
一枚の革を大切に、無駄を出さないようなものづくりを心がけ
自然に優しいタンニン鞣しの革を中心に革ものを作っています。

昔、服につけていたボタンだったり、何かのパーツ、昔のコインなど
古いものと革を合わせたものづくりもはじめました。
古いものから 新しいものへ

< アクセサリー >
シルバーと真鍮を中心にして、自然モチーフのものや、目には見えないけどそこにある形をモチーフとして制作しています。

竹沢むつみ
1983年八王子市生まれ
専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジで
彫金とレザークラフトを学ぶ
都内にある 革のかばんのお店にて勤務後、革ものとアクセサリーsalikhlah.を立ち上げる。
現在 八王子市の端にある陣馬山の麓にアトリエを構え、八王子市を拠点として 革ものとアクセサリーを作っています。