Wild Tokyo

2019.03.17

[青梅線] L‘ATELIER SAKULA 「福生市認定商品 ふくうむ」の販売

TEXT BY 高木 誠

東京マウンテンフェス内、青梅線ブースに出店するL‘ATELIER SAKULAさんです。

「福生の人が堂々と、持って行けるお土産を」と言う思いから「ふくうむ」をつくりました。

 アメリカ文化を受け入れながらも完全には染まらず、共存できているのが福生です。そういう福生の叙情的な魅力をお菓子にしようと出てきたのがチェリーの砂糖漬けでした。チェリーのビビットな色、そのカラフルさはどこか、アメリカ文化を象徴します。

 ブランデーシロップに漬け手間暇かけたドレンチェリーとカラメルを入れたバター風味のしっとりとした生地が混じり合い、しっかりとした甘みをもつ、昭和感が漂うチェリーケーキ。それが新・福生土産「ふくうむ」です。

堂々と「福生自慢」ができる、福生らしい土産として「ふくうむ」を手に、福生が生んだ文化の香りを多くの人に届けたい。