Wild Tokyo

2018.05.17

おくたマルシェに、「ちょっと特別な日常」を味わえるカッティングボード 「waen」

TEXT BY 高木 誠

JR奥多摩駅前広場で5月26日、27日、開催

 

 JR奥多摩駅前広場で5月26日、27日、開催される「おくたマルシェ2018spring」に、奥多摩の古民家に工房を構える「waen」のカッティングボードなどの商品が並びます。

 

 多摩産材のスギ、ヒノキや桜などを使い、どれも木々の温もりが溢れるカッティングボードの数々。キッチン、パーティー、キャンプなど、様々な生活シーンに合わせてデザインされ、自然の木目を活かした商品が揃っています。

 

 

 

 waenの始まりは夫婦で企画・演出した、奥多摩にある木造校舎の小学校での手作り結婚式。引き出物として「waen cutting board」を製作し、ゲストにプレゼントしたところからでした。「大切な人たちと豊かな人間関係を築きながら、シンプルに自然と共に暮らしたい」と、「ちょっと特別な日常」をコンセプトに、日々新しい商品を生み出しています。

 

 おくたマルシェでは、多摩産材のカッティングボード(1,200円〜)・コースター・キャンドルスタンドなどを販売。奥多摩に生きる人々、そして自然と共生するwaenの商品に、ぜひ一度触れてみてください。