2018.05.27

山本有三記念館、リニューアルオープン記念企画展開催中!

TEXT BY イマタマ編集部

改修工事を終え4月1日、リニューアルオープンした三鷹市の山本有三記念館。こちらでは9月1日(日)までの期間、リニューアルオープン記念企画展「山本有三、作家の遍歴」を開催しています。山本有三の、作家だけにとどまらない多彩な活動に注目し、その遍歴が晩年の執筆活動へどう繋がったかを探る展示です。明治~昭和にかけての時代を生きた有三の作家人生を、数々の原稿や初版本とともに辿ることができます。

 

三鷹市山本有三記念館は、『路傍の石』などで知られる作家・山本有三が1936年~46年まで家族とともに住んだ家。有三はここで執筆活動をするとともに、自身の蔵書を利用して「ミタカ少国民文庫」を開くなどもしていました。現在は、山本有三の生涯と作品を紹介する施設として公開され、企画展や朗読会などが開催されています。近代の郊外住宅としては希少な洋風の建物は、三鷹市指定の文化財となっています。

 

 

期間/2018年4月1日(日)~9月2日(日)

開館時間/9:30~17:00 月曜休館(月曜が休日の場合は開館し、翌日と翌々日を休館)

住所/東京都三鷹市下連雀2-12-27

アクセス/JR「三鷹」駅より徒歩約12分

TEL/0422-42-6233

URL/http://mitaka-sportsandculture.or.jp/yuzo/

※写真提供 山本有三記念館