2018.07.13

7月23・24日、NICTでこども公開デー2018

TEXT BY イマタマ編集部

情報通信研究機構(NICT)では、7月23日(月)、24日(火)に「こども公開デー2018(夏休み特別公開)」を開催します。NICTの研究を紹介する見学ツアーや体験コーナー、プログラミング教室など、理系でなくても楽しめる企画が満載。

 

NICTは国立研究開発法人で、“情報の電磁的流通”や“電波”について研究し、日本の標準時はNICTが決定・維持しています。さらに太陽活動などの観測データから毎日“宇宙天気予報”を出しています。そんな興味深く、難しそうなNICTの研究施設が見学できる「見学ツアー」は、電波暗室、宇宙天気予報、宇宙光通信地上センター、 航空機搭載合成開口レーダー(Pi-SAR2)、日本標準時の5つのコースが設けられます。

 

その他、南極昭和基地に派遣された元観測隊員(NICT職員)によるトークショーや、イベント中、特別ポストに投函したハガキが南極観測船「しらせ」に積まれて南極に運ばれ、南極昭和基地郵便局で消印を押してもらえる「南極ゆうびん」などの他、プログラミング教室、電子ブロック体験、地域連携企画など、楽しい企画が組まれています。

 

「サイエンスショーやミニ工作は事前予約なしで参加できます。その他にも企画が盛りだくさんです。ぜひご来場ください」とNICT広報部の担当者さんは言います。

NICT こども公開デー2018(夏休み特別公開)

期間/7月23・24日 9:30~17:00(入場受付は~16:30)

住所/小金井市貫井北町4-2-1

アクセス/JR武蔵小金井駅から「小平団地」行きバス約10分の情報通信研究機構前下車(JR国分寺駅や西武新宿線小平駅からのアクセスもあり)

詳しくは→http://www.nict.go.jp/about/hq.html

料金/無料

問い合わせ/kodomo2018@ml.nict.go.jpまたは042-327-5322

詳しくはhttp://www.nict.go.jp/summer-event2018/