2018.11.22

【調布市】11月30日は、水木しげるを偲ぶ「ゲゲゲ忌」

TEXT BY イマタマ編集部

調布市は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で調布市名誉市民・水木しげるさんの命日11月30日を「ゲゲゲ忌」とし、11月23日(金・祝)よりさまざまなイベントを開催し、「水木マンガの生まれた街 調布」を盛り上げていきます。

 

11月23日(金・祝)~12月2日(日)までを「ゲゲゲ忌」の会期とし、期間中「ゲゲゲのスタンプラリー」を実施。深大寺の「鬼太郎茶屋」やキャラクターのモニュメントが立ち並ぶ「天神通り」など、水木さんゆかりのスポットなど13箇所を巡りながらスタンプを集めるイベントです。スタンプ7個以上でポストカード、コンプリートすれば「2019ゲゲゲのカレンダー」と「アニメ50周年記念『ゲゲゲの鬼太郎』調布市特別住民票」がプレゼントされます。

 

またイオンシネマシアタス調布では、ゲゲゲ忌の会期に合わせアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」50周年上映会を開催。毎日トークショーやキャラクターショーなどのイベント付きで、各日異なる内容を楽しむことができます。また来場の特典として、アニメ50周年記念限定「ゲゲゲの鬼太郎」・「ねこ娘」・「犬山まな」の調布市特別住民票といった、豪華な日替わりプレゼントも用意されています。

 

調布市産業振興課の鳥羽さんは「ゲゲゲ忌2018では、スタンプラリーやアニメ上映会のほかに、11月23日(金・祝)に調布駅前広場で開催される『ゲゲゲ横丁』や布多天神社で開催される現在放送中のアニメにちなんだ『ゲゲゲの森』など、さまざまなイベントを開催します。これを機に、調布へお越しいただき水木しげるさんの作品と『水木マンガの生まれた街 調布』の素晴らしさを感じてください」と語ってくれました。

ゲゲゲ忌2018

会期/2018年11月23日(金・祝)~12月2日(日)

問い合わせ/調布市産業振興課(042-481-7183)

関連URL/https://csa.gr.jp/feature/5378

写真提供/

©水木プロ
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション