2018.06.30

10年越しの夢「FMひがしくるめ」がついに開局!

TEXT BY イマタマ編集部

東久留米市の拠点とするコミュニティ放送「FMひがしくるめ」(85.4MHz)が6月30日にいよいよ開局します。

 

「まちを元気に、ハッピーに」を合言葉に、みんなが知りたい街の情報の拡散や、災害時のライフラインの一つとなるラジオを目指して、地元に密着した情報を配信。開局に向けて尽力してきた代表の高橋靖さんは「開局まで10年かかりました。ここからスタートです。みなさんに愛されるラジオ局にしていきたい」と喜びを語ります。

 

同局は地域防災の役割も担い、防災士など災害のエキスパートとともに防災情報も提供していきます。また、初の試みとして平成28年ふるさとづくり大賞にも輝いた「氷川台自治体」と組み、会員世帯に専用ラジオを配布。朝夕に「ラジオ回覧板」として自治会情報も流していくといいます。

 

「コミュニティの活性化こそが街の活性化につながります。さまざまなコミュニティ団体で、試していただければうれしいです」と高橋さん。今後「FMひがしくるめ」は地域のハブとなる放送を目指していきます。

 

FMひがしくるめ

周波数/85.4MHz

スタジオ/東久留米市東本町8-14 成美教育文化会館1階(旧喫茶室)

詳しくはhttp://www.fm-higashikurume.com/