IMA de × TAMA

小平グリーンロードを歩こう+α サイクリングコースも紹介!KODAIRA GREEN ROAD

トビラの人tobira-hito
小平市観光まちづくり大使上田初美
(女流棋士)

中学生のときにプロ入りし、2016年には女流棋士賞・名局賞特別賞を受賞。現在2児のママ。小平市では小学生対象の将棋大会「上田初美杯」も行われています。「小平に住んでいる時は家の近くにある熊野宮のお祭によく行きました。小平にはイベントがたくさんあって楽しいですよね」

西武多摩湖線一橋学園駅
徒歩 6分

01
昭和レトロな雰囲気漂う
アヒルのうたたね

Message

サトウキビのみ使い、2時間かけて作る「どら焼き」は甘さ控えめでコーヒーに合いますよ。

店長鈴木 仰

国分寺駅前の「北口カフェ」店長だった鈴木仰さんが、焙煎を学んで2018年4月にオープンさせた店。焙煎を教えてくれたのは小平市内で自家焙煎の店「暮らしの珈琲be-wood」(小平市学園東町3-6-1)を営む森田さん。“師匠”とは今でも交流が続きます。「なるべく特徴をなくすようにしています」と、雑味がなくてすっきりとしたコーヒーは毎日飲んでも飽きのこない味です。

「家の窓を開けるとコーヒーを焙煎するいい香りがするので、毎日来ちゃうんです」と常連客がほほ笑むように、「居心地のよかった祖母の家をイメージしてつくった」店内は時間がゆったりと流れ、とても落ち着けます。鈴木さんは多摩美術大学出身で、ロゴなども自分で制作。

data

10:00~19:00、月曜休。西武多摩湖線一橋学園駅から徒歩6分。小平市学園東町1-16-2。042-312-3970https://ahiruutatane.theshop.jp/

徒歩 22分

02
誠実に生きた彫刻家の作品と生活
平櫛田中彫刻美術館

Message

時代背景を知ると作品鑑賞がおもしろくなりますよ。展示内容と庭園の風景は季節ごとに変わります。

学芸員藤井 明

近代彫刻家の巨匠・平櫛田中の作品を中心に展示する美術館。国立劇場に飾られている代表作・鏡獅子(写真)は、六代目尾上菊五郎をモデルに22年もの歳月をかけた2メートルもの大作で、美術館でも4分の1スケールのものを鑑賞できます。当時、鏡獅子は国が2億円で買い上げを提案しましたが、田中さんは菊五郎さんに申し訳ないと寄付。金箔や銀箔を全面に張っているため制作費も高額だったにも関わらず、田中さんらしいエピソードです。99歳から107歳まで住んだ旧宅も保存・公開されており、手入れの行き届いた庭は見事。

美術館では年4回の企画展のほか、さまざまなイベントを行っています。特に武蔵野美術大学とコラボし、 三沢厚彦教授と彫刻科の学生が旧宅に作品を展示する「でんちゅうストラット(写真:象の彫刻はでんちゅうストラットの展示作品)」は「彫刻が空間とどう関係を結んでいくか」が見ものです。

data

300円。10:00~16:00(入館は15:30)、火曜休。西武多摩湖線一橋学園駅から徒歩10分。小平市学園西町1-7-5。042-341-0098http://www.city.kodaira.tokyo.jp/dencyu/

徒歩 6分

03
SLが走るレストランは玉川上水の観光スポット
いろりの里

Message

12分の1スケールの蒸気機関車は想像より大きくてリアルなので、みなさんに喜んでいただいています。

相談役加藤勝也

玉川上水沿いにある創業45年の老舗料理店。ここの魅力は思わず “なつかしい”と感じる見事な庭園です。小平市のオープンガーデンに参加していて営業時間内は自由に見学できます。

「先代が “ふるさと”を再現させようと、あちこち視察して作り上げた庭。開業当時、SLブームもあり、蒸気機関車を走らせ、料理を配膳するアイデアがお客様に喜ばれました。今では店のシンボルです。」と相談役の加藤勝也さん。庭先で実った柚子なども使い、常に季節感を感じさせてくれる料理と庭は、玉川上水の観光スポットともいえる存在に。

data

ランチ11:00〜15:00(LO14:00)ディナー17:00~21:30(LO20:00)、火曜休。西武多摩湖線一橋学園駅・西武国分寺線鷹の台駅から徒歩15分。小平市上水本町2-19-22。042-321-0294
※2019年2月は休業し、3月より新メニューとなります(詳細未定)http://irorinosato.jp/

徒歩 8分

04
誰でも自由に本物の下水道管の中に入れるのはココだけ!
小平市ふれあい下水道館

都内きっての“異彩を放つ”いや、“異臭を放つ”テーマパーク。歴史や浄水の仕組み、小平の昔の暮らしがフロアごとに紹介されているだけでなく、実際に使われている直径4.5mの本物の下水道管の中に入れます。「うぅ~くさい!!」「臭う!!!」と誰もが声を発しながら、”リアルな体感“ができます。

ガイドツアー(窓口で申し込み、予約不要)を申し込むと「これがヒルガタワムシ。汚れを体内に取り込んで、水をきれいにしてくれています(写真のキャラクターは下水道館キャラクターのヒルガタワムちゃん)」とその日に採取した下水道の水で、微生物による浄化の様子などを見せてくれたり、豪雨時の下水の様子をビデオで紹介したりしてくれるので、おススメです。下水道管の撮影/白汚 零

data

無料。10:00~16:00、月曜休(祝日の場合は翌日)。西武国分寺線鷹の台駅から徒歩7分。小平市上水本町1-25-31。042-326-7411https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/070/070022.html

徒歩 7分
西武国分寺線鷹の台駅
玉川上水エリアの拠点駅
一橋学園駅JR中央線国分寺駅から西武多摩湖線で約3分
鷹の台駅JR中央線国分寺駅から西武国分寺線で約4分
玉川上水駅西武立川駅から西武鉄道拝島線で約6分
立川北駅から多摩モノレールで約9分

小平市Information

小平市の地図

小平の魅力は野火止用水、玉川上水、小金井公園、狭山・境緑道と、市を囲むように全長21kmのグリーンロードに囲まれているところです。小平の“平”は、坂のないフラットな地形を表し、まさに歩くのにピッタリのエリア。ガスミュージアムや小平市ふれあい下水道館、薬用植物園、武蔵野美術大学美術館など、無料で入れる観光スポットが点在し、ゆったりとできるカフェもあります。2019年春に発行のガイドブック「小平にこないか?」と連動し、おさんぽコース4本とサイクリングコース1本を紹介します!

guide book
2019年春完成予定!こだいら観光まちづくり協会発行
「小平にこないか?」第3弾 (詳しくはこだいら観光まちづくり協会TEL042-312-3954へ)
access

JR新宿駅や西武新宿駅から約25分で小平へ。
各エリアのアクセスはコース紹介にてGoogleMAPと共に記載してあります。